読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

納得のできるソファー選びをしよう!

ソファーは家族団らんを確保できる素敵な家具です。

f:id:datto-7-5-95:20170226235403j:plain

 

今までソファーを買ったことがなく、

新年度が始まるこの春に向けてソファーを買う方も多いかもしれません。

 

「一体どういうのを選んだらいいんだろう。」

と悩んでいる方へ失敗しないソファーの選び方をご紹介します。

 

  • 搬入経路の確認

まずは後回しにされやすい搬入経路について考えましょう。

せっかく気に入ったソファーに巡り合えたのに、家の中に入らなかったらショックですよね。

そんなことにならないためにも、しっかりと搬入経路を確認しましょう。

 

確認ポイントとしては玄関の間口です。

家によってさまざまだと思うのでしっかりご自分で間口がどのくらいか確認しておいてください。

階段で運ぶ場合も注意が必要です。

 

ソファーを傾けて運ぶので傾けた状態で自分の購入したいソファーが入るのか大きさも想定して選びましょう。

※ソファーによっては背もたれの部分などを取り外せて分割で運べるものもあります。

 

  • 座り心地

ソファーの選ぶのに一番重要なのは座り心地ではないでしょうか?

ベットなどと一緒で肌に触れて使用するものなのでここは軽視できないところです。

 

柔らかめのソファーがおすすめな人

柔らかいので沈みやすくストレスを感じにくいです。横になって本を読んだりスマホを使いたい方は柔らかめを選ぶと横になりやすくくつろぎやすいのでおすすめです。

 

 

硬めのソファーがおすすめな人

テレビや映画鑑賞などで長時間座ったりする方は硬めを選ぶと疲れにくいので良いですよ。また、柔らかめと比べて沈みにくい分立ち上がりが楽なので小さいお子さんや足腰に不安がある人は硬めの方が負担がかかりにくいのでおすすめです。

 

 

 

 

  • お手入れ

長く使うことを前提に考えるものなのでお手入れはするものです。素材によってお手入れ方法が違うのですが、大きく分けて革と布でしょうか(細かく分ければまだありますが・・)

 

の素材であればソファーによってはカバーのような役割を果たしており水洗いができる場合がありお手入れは掃除機を使用できるので比較的お手入れしやすいかと思います。

本革は専用のクリーナーが必要になり、少し大変かもしれませんが耐久性や摩耗性に優れており長く使えばつかうほど味がでてきて愛着がさらに出てきて良いですよ。

合皮のソファー(PVCやPUなど)では水拭きや中性洗剤でお手入れすることになります。

 

 

 

以上がソファーを選ぶときに考えて頂きたいポイントになります。

長く使うものなのでしっかりと悩んで自分に、お部屋にあったすばらしいソファーに出会いましょうね!